未使用車専門販売店京都伏見での登録済未使用車販売ならお任せ下さい。パッカーズ京都

2018年01月25日

未使用車はなぜ安い?どうして販売店へ流通するのか

カテゴリー :
未使用車

こんにちは😀
本日はパッカーズで取り扱う「未使用車」がどういった経緯で
またどういった流れでお客様のお手元まで届くかをご説明します。

未使用車の定義

ここでいう未使用車は「登録済未使用車」を指します。
また「届出済未使用車」と呼ばれる車種もあります。

この2つの違いは

登録済未使用車=普通自動車
届出済未使用車=軽自動車

で、社団法人自動車公正取引協議会による広告表示の違いの為
表記が変わります。

どちらとも「新車」を「名義登録(ナンバー登録)」のみ行い、
まだ誰の手にも販売されていない中古車の事を指します。

過去には「新古車」等とも呼ばれていましたが現在は法律上この表記は使用できません。

どうして未使用車が生まれるのか

それではなぜこのような特殊な中古車が生まれ、流通するのでしょうか。
世の中に存在する未使用車のほとんどが新車を販売するカーディーラーから発生します。

カーディーラーの親が自動車メーカーであるがゆえ、どこの販売店でも月次・年次で
販売目標が掲げられ、ノルマ達成によってはマージンやインセンティブが入ります。
このインセンティブ目当てに販売店が自社名義で登録を行い、自社の販売台数に上乗せします。

正規カーディーラーは新車販売を基本とする為、一度登録された法的には「乗っていない中古車」を販売する事もできないので、業者オークションや中古車販売店へと流れます。

このような経緯で未使用車という中古車ができあがります。

どうして安いのか

未使用車は「限りなく新車」に近いですが、法的には「中古車」に分類されます。
「新車からの登録」が行われている為、自動車重量税が車検時まで必要ありません。
また自動車取得税も中古車扱いで計算されるため税金が抑えられます。

この為、普通に新車を購入する場合と比較してもかなり価格を抑えて購入する事が可能です。

未使用車にデメリットはあるのか

未使用車はやはり「新車」ではありませんので現品が全てです。
メーカー純正オプション等は一部後付できるものを除きつけれません。
またカラー・グレードなども選べるわけではありませんので、気になるグレード・装備と全く同じものが流通するとは限りません。
その他には販売店での保管が基本ですので、気になりにくい程度の細かいキズ等がある場合もあります。
パッカーズではそういったキズやヘコミは全て事前にお伝え致します。

未使用車販売のプロ集団パッカーズではお客様の疑問や不安にすぐお答え致します。
お気軽にお問合わせ下さい。

パッカーズの未使用車の在庫はこちらからご覧いただけます。

タイトル回収ページトップへ